サッカーの初心者

FW(フォワード) MF(ミッドフィルダー) DF(ディフェンダー) GK(ゴールキーパー)

キックの種類

Home キック プレミアリーグ ボールの大きさ
ポジション 用具 セリエA
フィールド 選手 ヨーロッパリーグ
オフサイド ルール Jリーグ

Home>キックの種類

   
インステップキック
足の甲で蹴るキック
  
アウトフロントキック
アウトフロントキックは、足の小指側で蹴るキックです。強く蹴ることやコントロールは難しいキックです。しかし、すばやく右方向にパスを出したい場合に有効なキックです。
    
トーキック
トーキックは、つま先で蹴るキックです。ボールとシューズの接地麺がつま先だけなのでコントロールするのが難しいキックです。
 
アウトサイドキック
アウトサイドキックは、足の外側で蹴るキックです。威力あるボールを蹴ることや、コントロールは難しいキックです。
   
インサイドキック
インサイドキックは足の内側で蹴るキックです。ボールをコントロールすることに適したキックなので正確に蹴るパスなどに有効です。
     
・ヒールキック
ヒールキックは、かかとで蹴るキックのことです。ボールをコントロールするのは難しいキックですが相手に読まれることが少ないため成功すれば有効なパスとなります。
  
インフロントキック
インフロントキックは、親指の付け根あたりで蹴るキックです。強いボールを蹴ることに適したキックです。

・インサイドキック
・アウトフロントキック ・トーキック

技術
・パス

センタリング
センタリングとは、サイドに上がったプレーヤーがセンターに上げるパスのことです。狙った選手にパスできる正確性が必要となります。中央の選手はヘディングで競り合うため背の高い選手が有利となります。そのためディフェンダーも背の高い選手が多いです。相手選手とのポジションの取り合いが激しくそこで競り勝った方が有利に進めることができます。

サイドチェンジ
サイドチェンジとは、フィールドの右端から左端、左端から右端へと大きく反対側のサイドまで蹴るパスのことです。フィールドを大きく使うので相手選手の運動量が増えるため有利に試合を進めることができます。しかし、距離の長いキックを蹴る必要があるため、正確性が必要です。また、距離が長いパスのため、パスを出してからパスを受け取るまでの間の時間がかかるため相手選手に読まれてカットされる可能性がショートパスより格段に高くなります。パスを出す選手は、フィールドを見渡せる広い視野が必要となります。

・シュート
ミドルシュート
ミドルシュートとは、ペナルティーエリア付近からのシュートのことです。近年のサッカーで有効な攻撃方法です。ペナルティーエリアの外なのでそれほどディフェンダーのプレッシャーを受けることなくシュートを打つことができます。このエリアからのシュートを打つことで、相手ディフェンダーを前に釣り出す効果あります。そのため、相手ディフェンダーの裏を取る攻撃も効果的になります。ボールに回転を与えないように蹴ることで、不規則な曲がり方をするシュートを蹴ることができます。
ロングシュート
ロングシュートとは、ゴールから距離のあるところからのシュートです。このシュートを決めるのは非常に難しくなります。ゴールから遠い所から蹴るため、シュートをしてからゴールに到達するまでの時間がかかるためゴールキーパーに読まれて防がれてしまう可能性が高くなります。とても強いシュートを蹴れることが必要です。例えば、ゴールキーパーが前の方にポジションを取っている場合、ループシュートで狙う方法もあります。
・ヘディング ダイビングヘッド
・・・ヘッドスライディングのような形で、ヘディングするシュート
 
ボーレーシュート
・・・浮いた球をワンバウンドさせず直接蹴るシュート
オーバーヘッドキック
・・・ゴールに背を向けた状態からバック転しながら蹴るシュート
      
無回転シュート・・・ボールを回転させないシュート。動きが不規則でキーパーはとりにくい。

トラップ

スライディング

・ドリブル